おすすめのキャッシングスタイル!正しい借入術

キャッシングの契約、必要書類はどんなものがいる?借りる為の知識

次の給料日までお金がどうしても足りない…そんな方は金融会社と契約をして、キャッシングをする事でピンチを切り抜けることが出来ますので、大変便利です。

しかし、契約したいけれども色々な書類を提出しなくてはならないと言う事を考えると煩わしいと感じてしまい、結局、申し込むことを諦める人もいるのではないでしょうか。

金融会社と契約する時に、そんなにたくさんの書類を揃えなくては契約できないのでしょうか。

そのあたりについて色々と調べてみました。

これから金融会社のキャッシングサービスを利用したいなと思っている方は是非、参考にしてみて欲しいと思います。

意外!必要書類はさほど必要が無い!

少しお金を借りたい、ちょっとお財布の中がピンチになった時にキャッシングできたら嬉しいな、そんな感じで本当に気軽に消費者金融と契約する人がたくさんいます。

どうしてそんなに気軽に申し込む人が多いのか…意外なことに、金融会社側に提出する必要書類は自分の身元を証明することができる本人確認書類一点だけで申し込みが出来たりするんです。

この気軽さがあるので、思い立ったときに申し込みが出来たりするんですね。

本人確認書類?具体的にはどういうものが必要なの?

金融会社のホームページなどを見ても、本人確認書類を揃えた上でお申し込みくださいと書かれていることがあると思いますが、本人確認書類と言うのは一体どの様な物を言うのでしょうか。

この辺りについて曖昧な人も多いのではないかと思います。少し説明しておきましょう。

本人確認書類とは「公的な機関が発行した氏名、住所、生年月日が記載された書類」という事になります。

例えば、運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証がそれらに当たります。

その中でも、顔写真が入っているものは特に最強と呼ばれていて、お金を借りる以外にも本人確認書類を提出しなければならないような場合、運転免許証とマイナンバーカードは自分の身分を証明するものの中で鉄板扱いとされています。

健康保険証の場合は、それに住民票を付けなくてはならない場合あり!

キャッシングしたくても、運転免許証もマイナンバーカードもパスポートも無い…

そんな時は公的な機関が発行した書類の健康保険証を提出すれば良いのですが、ただ、その場合は顔写真がありませんのでそれに併せて、住民票のコピーも一緒に提出しなければならない事があるので、前もって用意しておきましょう。

本人確認書類に明記されている住所と異なる所に住んでいる場合は注意

例えば、本人確認書類を提出したものの、今、住んでいる場所が明記されている場所と違う場合もあるはずです。

そんな時は今現在、居住住所が記載されている以下のいずれかの書類を提出しなければなりませんので、ここも注意が必要です。

ただし、発行日から6ヶ月以内のものを用意するようにてください。

  • 公共料金の領収書(電力会社、ガス会社、水道局、NHK発行のもの)
  • 社会保険料の領収書
  • 国税や地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 住民票の写し、もしくは住民票の記載事項証明書

これらもきちんと用意しておく必要があります。

借り入れ希望金額が50万円以上を希望する場合も注意!

借り入れ希望金額が50万円以上の場合、また、他社の借り入れ金額と合計すると100万円を超える場合は収入証明書が必要となる場合があります。

その時は収入証明書などの書類が別途必要となりますので、覚えておいてください。

必要となる収入証明書は以下となります。

  • 源泉徴収票(一番最新のもの)
  • 確定申告書(一番最新のもの)
  • 給与明細書

高額融資を希望する場合はこれらの書類も必要となりますので用意しておく必要があります。

ただ、基本的に50万円以下の借り入れで十分な場合は、本人確認書類だけで申し込み出来る事が多いです。

気軽に申し込めるのが今の金融会社のウリでもあります。

きちんとした公的な本人確認書類があり、なおかつ、キャッシングをしたいと思っている場合は気軽に申し込んでみても良いのではないでしょうか。

一つ、カードを財布の中に忍ばせておくだけでいざという時に役に立ちますよ。

閉じる
閉じる