おすすめのキャッシングスタイル!正しい借入術

キャッシングの返済方式や返済額はどう決められてる?借入基礎知識

便利なキャッシング、利用している人はとても多いと思います。しかし、利息などにしっかりと注目をしてみた事があるでしょうか。

審査に可決して、お金を借りることができるその状況に満足してしまい、利息がいくらかかるのか、どれだけ支払っていけば良いのかなとしっかりと把握している人は少ないのではないかと思います。

月々の返済額の決め方、利息の計算方法などどのように決められているのか、知っておくことで借りすぎに注意したり、多重債務などに陥らないようにできるはずです。

それら支払額や利息についての大事なことをまとめてありますので、参考にしてくださいね。

定番の一括払いと、基本になる利息の計算方法

一括払いは借りた日から返済する日までの日数分のみの利息を借りたお金全額にプラスして、一括で支払う方法です。

利用している人も多いのではないかと思います。

実は、利息の計算はさほど難しいものではありません。

例えば、キャッシングで20万円利用したとしましょう。

年利は18%、30日間借りた場合の利息計算方法は以下になります。

元金×金利%÷365日×借りた日数=利息

例えば上記の場合ならば…
20万円×18%÷365日×30日=2,958.9円(小数点以下は四捨五入の場合)

つまり、この場合の利息は2,959円になります。

20万円借りて30日後に一括返済するなら、20万円に2,959円を足して支払えばいいのです。

利息の計算式は、難しく思う人もいるのですが、実は簡単なんですよ。

基本中の基本ですので、覚えておきましょう。

分割払いという選択もあり!ただしリボ払いと混同しないように

分割払いは借りたお金を文字通り分割して支払う方法で、3回払いや5回払い、6回払いや12ヶ月払いなど、決められた回数で割って支払う方法です。

分割払いの利息に関しては、現在、「残っている残高」に利息がかかる形になってきます。

分割払いの場合は、例えば12回払いと決めればそこから支払い回数を増やすことはできないのが基本です。

リボ払いと混ぜて考えてしまう人もいますが、そうではありませんので混同しないようにしてください。

一括払いともう一つの主流支払い方法のリボ払い!種類も多彩

そしてリボルビング払いです。

支払方法がたくさんあり、そして、微妙に呼び方が金融会社によって違ったりするので、ややこしく感じるかもしれません。

自分が契約している金融会社のリボ払いをしっかりと把握しましょう。

リボルビング払いはいろいろな方法がありますので、ここでは特によく目にするリボルビング払いについて、説明していきます。

金融会社でキャッシングなどをすると、リボルビング払いを選択することが出来る事がとても多いです。

特によく目にするのが下記の三つになると思います。

リボ払いその1・「元利定額リボルビング払い」

この場合は毎月の返済額が一定で、その中に元々借りた元金とそれにプラスされた利息を合算して支払っていく方法です。

例えば30万円のお金を借りたと仮定して、月々2万円ずつ支払っていく場合はその2万円の中に元金と利息が含まれている計算になります。

それを毎月支払っていく方法になります。

リボ払いその2・「元金定額リボルビング払い」

この支払方法はその字の如く、借りた元金の部分の金額を月々、定額固定する支払い方法です。

そこに総額借り入れ残高の利息がプラスされて、支払っていきます。

リボ払いその3・「残高スライドリボルビング払い」

おそらく、一番良く見るリボの支払い方法なのではないでしょうか。

借り入れ残高に応じて、毎月の支払額が替わっていく支払方法です。

例えば50万円の借り入れならば、25000円ずつの支払い、40万円ならば20000円ずつの支払い、30万円ならば15000円ずつの支払いというように、大きく借りたら、返済額も大きくなり、少ないキャッシングならば、返済額も小さくなる返済方法です。

この返済方式は幾ら借りたら、幾ら支払わなくてはならないという返済額が、金融会社側で決められているのが基本です。

計算が辛い!心配ご無用!ネットで即座に計算出来る!

上記のような計算式は非常にわかりづらく感じる人がとても多く、苦手意識を感じる人も少なくありません。

しかし、インターネットならばWEB上に金利計算が出来るサイトがたくさんありますので、それを利用すると、一目瞭然です。

それらを使うと一円単位までしっかりとシミュレーション出来ますので、詳しく知りたい場合はそちらをきちんと使って把握するのが一番良いでしょう。

特にリボ払いは計算がややこしい場合が多いですので、しっかりと把握したいのであれば、ネット上にある 計算シミュレーションを使うようにしましょう。

自分が利用して行こうと思っているキャッシングについての利息や、返済方式などに興味を持つことはとても良いことです。 

総額どれぐらい支払うことになるのだろうなど 、興味を持つことで無駄遣いなどを減らすこともできますので、 たまには 支払い方法や利息について 調べてみるのも良いですよ。

閉じる
閉じる