おすすめのキャッシングスタイル!正しい借入術

返済の為のキャッシング…辛くない?多重債務に陥るポイント

この世の中でキャッシングをしている人はとてもたくさんいます。

お金が無くてピンチになった時、簡単に借り入れすることができますので、利用している人が多いんです。

非常に便利なキャッシングなのですが、その便利さゆえに買い物などに使い過ぎてしまい、返済が出来なくなってしまう人もいるんです。

中にはキャッシングの返済をするために、他の金融会社からキャッシングをして返済にあてている人もいるんです。

そうなってしまうと多重債務となり最終的には払い切れず、非常に辛い思いをしなくてはならなくなります。

そのキャッシングは正しい使い方をしていますか?

多重債務に陥るポイントを考えましょう。

注意!月々の返済がキツいと感じるその感覚…

キャッシングはとても便利で利用しやすいのですが、自分が所持しているお金だとだんだん勘違いしてしまう人も少なくありません。

例えば、クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠、まるで自分のお金と錯覚するような感覚がどこかあり、どんどん利用してたくさん物を購入すると、それだけ返済額は多くなります。

そうなると必然的に返済が辛くなってしまいますよね。

最近、返済するのがしんどいな…そのような感覚に陥ると注意が必要で、多重債務の一歩手前となっていることがとても多いんです。

その時点で気付いて、もうこれ以上、キャッシングしたりするのは止めよう!と言う強い意志があれば多重債務に陥らなくて済むのですが、今まで何とか支払いを滞りなくやってこれた人は「今までもやってこれたんだし、何とかなるだろう」という気持ちがもたげてきて、やはり無駄なキャッシングやショッピング枠を利用する癖から抜けられないんです。

もうとっくに「何とかならない状態」まで来ているのにも関わらず、キャッシングをして欲しいものをすぐに購入する癖がついてしまったら、なかなか抜け出せないんですよね。

返済する為にキャッシングを繰り返す…そうなれば多重債務確定

月々の返済が苦しくなり、自分の給料だけではやっていけなくなった時、その返済をするために他の金融会社からキャッシングをして支払う…そうなるとすでに多重債務確定となっています。

一度でも返済を怠れば、他の金融会社と契約してお金を借り入れすることができなくなる…そんな危険を理解しているからこそ、返済をするために他の金融会社から無理矢理にでも、借金を増やす訳です。

しかし、その状態も長くは続きません。

あちらこちらの金融会社にキャッシングの契約をしていたら、もう新たに貸してくれる所はなくなってしまいます。

返済をするためのキャッシングの道が断たれてしまい、結局は膨大な借金だけが残る結果になってしまいます。

総量規制があるのに、借金地獄になるカラクリ

基本的に金融会社などのキャッシングに関しては、年収の1/3以上の借り入れはできない様になっています。

それにもかかわらず多重債務に陥ってしまうのは、総量規制に関係のない借り入れもたくさんあるからなんですね。

例えば車のローンや、住宅ローンなどは総量規制が関係なかったりしますし、クレジットカードのショッピング枠は総量規制が関係ありません。

多重債務に陥るのは、色々な物を購入し、その支払いが膨らみ、その返済をするために他の金融会社からキャッシングをするようになるのがきっかけだったりします。

クレジットカードのショッピング枠は総量規制がありませんので、使いすぎてしまう傾向が強いんです。

ショッピングもキャッシングも借金には変わりなし

ショッピングであれ、キャッシングであれ、お金を借りている事には変わりはありません。

借りたら必ず返済は付き物で、逃れようがありません。

それこそ、多重債務で払いきれなくなったら最終的には自己破産などの金融事故になってしまいます。

そうなってしまえば自分の信用度はガタ落ちで、向こう7年ぐらいはクレジットカードなどの契約が出来なくなってしまいます。

色々と使い過ぎてしまい、最終的に自分の信頼を失墜させるのはあっという間です。

しかし信頼を取り戻すには何年もの月日が必要になってしまい、結局、自分で自分の首を絞めるという結果になってしまいます。

多重債務に陥らないように自分自身に厳しくすることも時には必要です。こればかりは自分自身で改革する以外、方法はありません。

多重債務に陥ると必ず自分が損になります。それを常に頭の片隅に置いて、上手にキャッシングと付き合っていってほしいと思います。

閉じる
閉じる