おすすめのキャッシングスタイル!正しい借入術

キャッシングで投資信託の運用は避けよう!考えたいそのリスク

今、投資信託が結構流行っていますよね。テレビのCMなどでやっている場合も多く、興味を持っている人もかなりいるのではないでしょうか。

投資というだけで夢があると思う人も多く、一獲千金を狙う人も多くいて、実際に予想より多くの人たちが投資信託に手を出していたりします。

今では1万円という比較的、手軽な金額から始めることができますので、気軽に始める人が多いようです。

ただ、この投資信託、一攫千金を夢見て、投資額を増やすために先に消費者金融等でお金を借りて資金を増やしてから始める人もたくさんいるようです。

投資はキャッシングしてから始めるメリットはあるのでしょうか。色々と調べてみました。

ギャンブルと似ている!投資信託の危険性!

さて、そもそも投資信託とはどのようなものを指すのでしょうか。

投資信託とは、投資家達から集めたお金を一つの大きな運用するための資金としてまとめます。そしてそれを運用のプロであるファンドマネージャーに託します。

ファンドマネージャーは株式や債券などにそのひとまとめした資金を投資、運用して、その運用の成果として生まれた利益を、投資家に還元するといった仕組みとなります。

今まで投資信託がどのようなものなのかわからなかった人にとっては、この機会に覚えておきましょう。

つまりは運用のプロに資金を任すわけですが、プロと言えども運用の資金を生かしきれず失敗に終わると、当然、投資した人たちもその投資は失敗したことになり、損をします。

投資信託はよくギャンブルに例えられたりするのですが、こういうことが比較的多いため、このような例え方をされるのですね。

必ず見返りがあるなら投資も納得!でも実際は…

少額であっても何かしらの見返りがあるのであれば投資信託をするメリットもあるのですが、実際は失敗も多く、投資したお金全てを無くしてしまう人も少なくありません。

特に投資信託に興味を持ち、自分も資金を出したいと思う時、おそらく頭の中は多くの還元を期待して投資をすると思います。

たくさんの利益となって返ってくるだろう…だから、先に消費者金融などでキャッシングをして、そのお金を投資に使いたい!…そう思う人も結構いるんですよね。

おそらく、借りた分は一括で返済してやる!…これぐらいの意気込みで、投資信託に期待する人もたくさんいるでしょう。

しかし、絶対に成功するという保証があるわけではありません。

リスクが付き物であることを、しっかりと理解しておくことが大切です。

投資で大損!それでもキャッシング返済は待ってくれない!

大損をしてしまったとしてもキャッシングした事実は消えることがなく、返済は待ってくれません。

利益を生み出すどころか、逆に借金を増やしてしまい、返済に追われてしまう結果になることも少なくないんです。

そうなんです!儲けるつもりが…大損すると悲惨な人生が待っている可能性が高いのが投資信託なんです。

消費者金融などでキャッシングしたお金を、投資信託などのギャンブル性の比較的高い投資に利用するのはやめておいた方が良いというのは、こういった理由があるからなんです。

絶対に儲かるならみんな、やる!でもそうでは無いという事は…

絶対に儲かるのであればみんなやっています。

でも実際にはそうではありません。

自分の貯金を切り崩して資金にしているのであればまだしも、借りたお金で投資をした時、失敗に終わったとしても必ず返済はつきまとう…このことを絶対に忘れてはなりません。

もちろん。中には大成功する人もいるでしょう。

おそらく大成功した人たちばかりがクローズアップされる機会が多く、自分も投資信託をしたら儲けることができるかもしれないと言う希望を抱かせるんですよね。

しかし、そうではない人もとてもたくさんいることを、決して忘れないようにしなくてはなりません。

どうしても投資信託の世界に踏み込みたいと思う場合は、自分で貯金をして、ある程度資金を貯めてからやるようにしてください。

キャッシングしてまで、投資信託の世界に足を踏み入れないようにしてくださいね。

閉じる
閉じる