おすすめのキャッシングスタイル!正しい借入術

外国人でもお金を借りられるの?消費者金融の疑問解決!

お金が乏しくなってしまって困る時、このような状態は日本人でも外国人でも誰にもあり得ることですよね。

日本に在住の外国人の方も、お金がピンチになってしまって困ることもあるのではないでしょうか。

日本には消費者金融などがとてもたくさんあって、利用している人もたくさんいるのですが、日本在住の外国人の方も利用することが可能なのでしょうか。

もしも利用することができたらお金のピンチを次の給料日まで凌ぐことができたりするので契約したい人もいるはずです。

外国人で、日本在住であるのならば日本の消費者金融を利用することは可能なのでしょうか。

そのあたりについて調べてみました。

外国人でもキャッシングは可能!収入があるのならば審査対象に!

外国人であっても、日本の消費者金融などからお金を借りることができるのかどうか疑問に思っている人も多いと思いますが、結論から言うと外国人であってもキャッシングすることは可能です。

日本人と同じように審査がきちんとあり、返済できる能力があるのかどうかをしっかりと見極めた上で融資できるかどうかが決まります。

現に外国人であってもキャッシングの契約をしている人は結構いて、みんな利用しているようですよ。

外国人は利用できないと誤解をしている人もたくさんいますが、そんな事はありませんので、借りてみたい金融会社がある場合はそちらのホームページを見て、どんな書類を揃えたら良いのかなどをチェックすると良いでしょう。

在留カードや特別永住者証明書等、特別な必要書類が必要な場合も

外国人の方も金融会社からキャッシングすることが可能と言うことがわかりました。

ただし、揃える書類が金融会社によってちょっとずつ変わってきたりしますので、この点においては注意が必要です。

特別永住証明書や在留カードなどが必要な金融会社もたくさんありますので、その辺りについても申し込む前にしっかりと調べて書類をきっちりと揃えてから申し込むようにしてください。

一つでも書類が少なかったりすると審査までに時間がかかってしまい、スムーズに契約することができなくなります。

時間のロスを減らすためにも、きちんと揃えておくことをおすすめします。

日本在留期間が短いと、審査が厳しくなる可能性も否めず

金融会社からキャッシングする時は必ず審査というものがあります。

これは日本人であろうと外国人であろうと、絶対に必須ですので免れることはできません。

審査基準は金融会社それぞれによって微妙に違ったりするようなのですが、しっかりと働いていて月々給料が安定的にある人ならば審査可決する可能性があります。

ここまでは日本人も外国人も同じはずです。

ただ外国人の場合は日本に来てまだ日が浅い場合、審査が厳しくなる可能性があります。

日本人がキャッシングの申し込みをする時もそうなのですが、勤続年数があまりにも短いと、審査可決につながらない場合があります。

外国人の方も同様で、日本に来てやはり1年程度はしっかりと働いている状態でないと、審査に通らない可能性がありますので、日本に来てすぐにキャッシングしようと思っても難しいかもしれません。

この人にお金を貸しても必ず返済することができるであろうという判断を下されないと、金融会社からキャッシングすることは難しいです。

早い話、給料をもらっている期間が長ければ長いほど信頼度も高くなり、審査に有利だということになります。

日本に来てまだ数ヶ月程度で数回しか給料をもらっていない状態では、その人の信用度に対しての判断が出来かねますので、やはり一年以上はしっかりと働いておくことが大切でしょう。

いかがでしたか。

外国人の方も、日本在住であるのならば契約することが可能ということがわかりました。

どうしても不安が拭えない人は、インターネットの金融掲示板などを見て外国人でも契約できたという体験談や感想などを参考にして申し込む事を検討してみると良いでしょう。

閉じる
閉じる