おすすめのキャッシングスタイル!正しい借入術

リスク多し!債務整理中にキャッシングしない方が良い理由解説

仕事を一生懸命していても、お金が足りなくなってしまう事ってよくありますよね。

そんな時、消費者金融などでお金を借りたいなと思う人もいると思いますが、例えばその時点で債務整理等を行っていた場合、基本的には新しくキャッシングすることは不可能だと言われています。

しかし、債務整理中の人でも契約できる金融会社は結構あり、利用している人も多いのではないでしょうか。

只、債務整理中の方々が新しく金融会社と契約するのはおすすめできない事だと一般的に言われることが多いです。

債務整理中の方達が、新しくキャッシングを利用しない方がよい理由は一体何があるのでしょうか。

そのあたりについて調べてみました。

担当弁護士に知られると信頼関係破綻の可能性!

さて、お金に困ると金融会社からキャッシングをして、その場をやり過ごす人もこの世の中にはたくさんいます。

ただ、今現在債務整理中であり、基本的には借りられない状況に置かれている方がキャッシングの手続きをした場合、どのような不都合が起こることが考えられるのでしょうか。

債務整理の手続きをしている最中にキャッシングしたことを、もしも担当してくれている弁護士に知られてしまうと言わずもがな、信頼関係が崩れてしまうケースがあります。

基本的に債務整理中は、キャッシングしないことが大前提です。

弁護士の方に相談にいき債務整理の手続きに入ると、キャッシングする事はやめてくださいねと忠告される場合も結構あるようです。

借金地獄から抜け出すために債務整理をして、人生を立て直す訳ですので、その真っ最中に他にキャッシングしていることがらわかれば、その人に対する印象はかなり悪くなることは間違いないでしょう。

きちんとした弁護士ならば、契約はなかったことにしましょうという結末になりかねません。

そうなってしまうと結局は自分が不利となってしまいますので、債務整理中の新たなキャッシングはやはりお勧めできません。

闇金にひっかかりやすい?!債務整理中のキャッシングトラブル

基本的には債務整理中は新たにキャッシングできないとされています。

しかし中には債務整理中でも貸付を行っている金融会社は結構存在します。

ただ、大手の消費者金融ではまず貸し付けてはくれませんので、どうしても契約できると言うことになると、あまり有名でない正規の金融会社か、闇金融と言うことになってしまいます。

あまり有名でなくても、正規のきちんとした金融会社で契約をするのならばまだしも、金融会社の見極めが非常に難しく、正規の金融会社であるのか闇金融であるのか判断できない場合も結構あります。

似たような社名もたくさんありますので、どうしても惑わされがちになってしまうんですよね。

その結果、闇金融と契約をしてしまうと悲惨な現実が待っています。

高金利で契約をさせられ、返済に追われることになってしまいます。

いったい何のために債務整理をしたのか、分からない様な悲惨な状態になってしまうことも十分に考えることができます。

債務整理中はそこそこ有名な金融会社とは契約ができないことが多いですので、闇金融に引っかかり、結局は支払うことができないなどという新たなのトラブルに陥ることもとてもたくさんあります。

こういう観点から見ても、債務整理中のキャッシングはお勧めできないわけです。

どうしても借りたい場合は、事情を離して信頼出来る人に借りよう

債務整理中にどうしてもお金を借りなくてはならなくなってしまった場合は、金欠状態であると言う実情を話し、信頼おける人にお金を借りた方が良いかもしれません。

できれば親や兄弟等、肉親にお金を借りた方が後々問題は起こり難いでしょう。

どんな人でも金欠状態はありますし、何とかしてお金を工面しなくてはならない様な状況に陥る人もたくさんいます。

只、債務整理中のキャッシングは色々なリスクに巻き込まれやすくなりますので、その辺りのことを十分に考えて行動するようにしてください。

閉じる
閉じる