おすすめのキャッシングスタイル!正しい借入術

年収が低い低所得者も借りられる?おすすめのキャッシング会社の特徴

財布の中がピンチになる…一生懸命働いていても出費が重なれば、誰でもこんな状態になってしまいますよね。

そんな時、金融会社から気軽にキャッシングすることができれば、そのピンチから免れることができます。

しかし金融会社に申し込んでも審査があり、必ず誰もが借り入れ出来る訳ではありません。

例えば、低所得者の方等は申し込みをしてもキャッシングすることはできないのでしょうか。

低所得者の方こそお金が足りなくなってしまう事態に見舞われることは多いと思うのですが、契約は難しいのでしょうか。

年収と金融会社の契約について色々と調べてみました。

これから申し込みをしたいと思っている方は参考にして欲しいと思います。

きちんと働いているのならば、低所得者でも契約出来る可能性あり!

金融会社と契約をすると必ず返済が付き物です。

返済を先延ばしにしたりすることは絶対にできません。

返済をしなくてはならないということは、自分にある程度の収入がないと難しくなってきます。

どの金融会社もそうですが、かならず働いていることが申し込みの条件となっているはずです。しかし、●●円以上の年収がないと、契約することができませんなどという注意書きは見たことはありません。

つまり、毎月きちんと働いていて収入があるのならば低所得者であっても、キャッシングの審査対象としてみなしている金融会社は比較的多いということになるでしょう。

一番大事なのは、借りた分をきちんと返していけると言う確約です。

収入があることがわかれば、低所得者ならば低所得者なりの、そして高額所得者ならば高額所得者なりの契約が可能だということになります。

契約出来てもキャッシング限度額は低めの可能性

低所得者の方もキャッシングの契約ができる場合がありますが、ただ一つ大きな難点は低所得者ゆえに借入限度額が少ない可能性が非常に高いと言うことです。

たくさん借りたい人にとっては、この借入限度額が邪魔をする可能性があります。

たくさんキャッシングすることができない限度額ならば契約してもあまり意味がない場合も多いんです。その辺りに関しては、自分なりに見極める必要があります。

ほんの少しでもキャッシングできた方が良いので契約を考える人がいるかもしれませんが、限度額があまりにも低いとすぐに天井に到達しますし、そうなってしまうとあとは金利をプラスされた返済額を月々返していくだけになってしまい、いざという時にキャッシングをする余地がなくなってしまいます。

そういうことも考えて、あまりにも限度額が低いようならば、無理に契約する必要はないかもしれませんよ。

総量規制に注目!年収の三分の一までしか借りられない現実

消費者金融などで契約する時は、総量規制というものがあります。

総量規制は年収の1/3までしか契約できないという決まり事なんです。

これは今どこの消費者金融でも行われていますので、年収の1/3以上のキャッシングを消費者金融で望むのは難しいんです。

それに加え、初めての契約の時は総量規制の1/3いっぱいまでの限度額を設定されていないことが多く、信用が付くまではおそらくもっと低い限度額で利用できるように設定されていると思います。

しかし、返済も毎月きちんと行い、信用が上がれば年収1/3いっぱいまで利用できるようになるでしょう。

評判の良い金融会社に申し込むことが鉄板!まずは情報を集めよう!

低所得者であっても月々しっかりと収入があるのならば、契約できる可能性は高いですが、所得が低い分、どうしても不安がある人も多いと思います。

低所得者でもキャッシングできたという経験者のアドバイスはとても貴重になります。

所得は低いですが、この消費者金融に申し込むと契約ができた!などと言う情報をしっかりた集めて、この会社ならば自分も可能性があるかもしれないというターゲットを絞り、申し込むようにしてみましょう。

審査は必ずありますし、申し込んだからといって絶対に契約できるなんてことはありませんが、それでも経験者の情報はためになることが多いです。

所得の低い人たちはどんな金融会社に申し込みをしているのか…それらを参考にして申し込みたい金融会社を決めるのが一番良いでしょう。

また、大手の消費者金融に申し込みをしたい場合は、ホームページなどに行くと借り入れできるかどうかのシミュレーションがある場合があります。

そこに年収を入れる空欄があると思います。

本審査ではありませんのであくまで参考にするだけですが、それらのお試しシミュレーションなどで借り入れできる可能性がありますという診断が下れば、検討してみるのも一つの方法かもしれません。

限度額が少しでも構わないのでキャッシングできる金融会社と契約しておきたいと思っている方は、それらのシミュレーションや体験談などを参考にして申し込んでみてください。

案外、審査可決して利用できる可能性がありますよ。是非、検討してみてくださいね。

閉じる
閉じる